介護福祉士という仕事

高齢者の介護に対する需要が高まっている中、介護福祉士という言葉を聞いたことがある人も多いと思います。では実際に、介護福祉士になるにはどうすればいいのか説明してみたいと思います。
介護福祉士になる方法は、主に二つ。厚生労働大臣が指定する養成施設を修了するか、実務を三年以上経験し、国家試験に合格するか、のふたつです。ここで注意が必要なのは、2017年度からは養成施設を修了した者に対しても、五年以内に国家試験を合格するか、五年間現場に勤務することが資格取得への条件になってきます。そしてこれからは、国家試験の合格が事実上義務化される方針となっており、資格取得への道は狭くなっていくものと思われます。
ここでいう、「厚生労働大臣が指定する養成施設」とは専門学校も含まれます。従って、介護福祉士を目指すほとんどの人は介護の専門学校に通います。
介護福祉士の仕事としては、施設やデイサービスなどの現場で食事や排せつ、入浴などの介護を行うことが主な仕事となってきますが、その仕事は肉体的にも精神的にも辛いことが多いです。それは、高い離職率にも表れています。
しかし、人と人が直接接する数少ない仕事であり、利用者の大切な人生の最後の時間に携われるという、やりがいを感じる仕事でもあります。また、直接ありがとうなどの言葉をいただける、そんな素晴らしい仕事だと思います。

介護福祉士と聞くと自分では生活や行動が困難な方の介助をすると思われますが、一体どのような内容なのか掲載していきます。
まず生活の介助ですが、食事や掃除、身の回りの片付けや買い物等の日常生活において無くてはならない事の全てを行う作業です。主に在宅介助の訪問サービス等の事業所において行われる作業となっています。利用者の自宅にて行う為、各家庭の生活面に合わせて行う事が必須となってくるので大変なものとなります。
次に心のケアです。
要介助者の悩みや相談を聞き入れ解決方法を共に探していくのです。
利用者の数だけ相談事があるので、多種多様な対応が求められてきます。
次に在宅介助を行っている家族への指導です。
利用している家族にとっては不安な介助生活となってくる為、食事の与え方や生活面での取り組み方、安全面の注意など利用者の家族が安心出来るように指導を行っていきます。
これから高齢化社会となる日本において介護福祉士はより必要な存在となってきます。

<PR1>
英語上達の秘訣
超SEO対策
オーディオ
ショッピングカート
心の童話

<PR2>
保育士になるには
ネイリストになるには


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です